gtag('config', 'G-86WB0XB8Y6');

公文とZ会と読書とスポーツで受験を制す。

公文とZ会で学習を、スポーツと読書習慣で健全な生活を、さらに五感を使った遊びをご褒美にしながら共働きで3人の子を育てています。

公文歴2年、小1長男の進度(算数)

こんにちは。今日は長男の公文進度について書いていこうと思います。

年中2月  4A(約2か月間)

年中3月末   3A(約3か月間)

年長6月    2A(約3か月間)

年長8月        A(約4か月間)

年長11月         B(約5か月間)

年長3月      C(約7か月間)

小1 11月   D

という進度になっています。

1月現在で、D100番辺りを取り組んでいます。

長男に関しては算数が得意で国語が苦手です。

算数は凄く早い進度とはいえませんが、そこまで嫌がることなく、教える私の方も苦戦することなくここまで来ました。

枚数は4A~Aの終わりまでは毎日10枚、B~は5枚、C~3枚、D~は2.3枚というペースで進めています。まだ1年生なので、集中力も30分が限界です。

学校の宿題、公文の国語と算数、さらに直しまでして終わりなので、ここで30分以上かけていると嫌になってしまうだけでなく、いいかげんに取り組んでしまい、直しが多くなり、余計に時間がかかってしまいます。

気持ちよく勉強を終わらせ小さな達成感を得ていく中で、やるべきことは先に終わらせてしまおうという考えを持ってほしいと思っています。

そして、気持ちよく終われると自信もつきます。

長女の時にそうしてあげれず、枚数にこだわって、出来ない→やっとできた→直し多い→やる気でない→直しの直し→次の日も憂鬱→なかなかスタートしない→自分は算数苦手なんだとなってしまったので、出来た!簡単!先やっちゃおう!得意!と自信をつけてあげることを優先で考えています。

ちなみに長女は無理やり進めていたため、算数は苦手という意識があったのですが、そうやって頑張った分、学校では余裕で自信を取り戻しています。

性格もあるかもしれませんね。きょうだいでも性格が違えばアプローチが変わります。

しかし、学習習慣は一生の宝物。習慣さえあれば、これから自分で学習を進めていけます。そして、その習慣は思春期・反抗期が来る前につけておかないともう話さえも聞いてくれなくなりますし、もちろん強制などできません。

まずは、公文の宿題をすること、続けること!

そのために、時間を作ったり、家事より優先したり、ご褒美を準備したりと手を尽くしました。勉強なんて自分の事だし、宿題だけでご褒美なんて贅沢かもしれませんが、学習習慣をつけるためならなんとも安いものですよ。

習慣は1種類ずつ習得していく方が効率がいいそうです。

まずは、公文の宿題を毎日やるという1種類の習慣を習得することだけに集中し、宿題できたらご褒美、そしてその間は脱いだ靴並べるとか、学校から帰ったら給食袋を出すとかは言わず、1つ習得したから次という風にしていくとどんどん良い習慣が増えていくそうです。

注意されることが1種類だと同じ言葉を聞くので、覚えやすく、頭だけでなく体が勝手に反応して、気づいたら宿題しようと椅子に座ってた~となります。

そして、靴を並べるとか水筒・給食袋を出すはほんの一瞬で難しくないことなのでそんなに習得に時間がかかりません。時間がかかりそうなものから習得していく方が、お勧めです。

算数が得意になるためのおもちゃたちです。

[http://:title]

[http://:title]

[http://:title]

公文歴4年、小3長女の進度(算数)

f:id:oHanamaru:20201113121400j:plain

こんばんは。今日は算数について書いていきたいと思います。

公文の算数を始めたのは、年長の4月ごろです。

公文に通うのも慣れてきて、やっとズンズンも終わりましたし、国語10枚、算数10枚で進めていけるかなと思って始めてみました。

公文といえば算数をいうイメージがあり、最初は算数に興味があって公文の教室を探していたくらいです。

教室で体験をしたときの先生の話を聞いて、国語の魅力にも気づき、まずは国語から始めましたが、早く算数に取り組めるようになってほしいなと思っていたので、嬉しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、毎日集中させて2教科するのは、想像以上に大変なことでした・・・。

長女が公文を始めた時にはすでに、下に2人の弟がいて、まだ2人とも学習とは無縁の日々。1人だけ机に座って・・というのが難しかったです。

しかし、逆に言うとその時間だけはお母さんを独占できる楽しみもあったかもしれません。

さて、進度についてはこちらです。

年長4月 5A

年長12月   A(11か月)

小1 11月 B(6か月)

小2 4月 C(7か月)

小2 12月 D(6か月半)

小3 7月   E

正確な日程は覚えていないのですが、ざっくりとこんな感じです。

算数は苦手なのか、なんども行きつ戻りつでなかなか進まず、時間がかかっていますね。

ただ、公文の国語が進んでいるのと、算数が一応学年以上には進んでいるおかげで、学校の算数の通知表はいつも最上位になっています。(算数だけで3項目あるのですが、すべてAの最高評価)公文では文章問題や図形、時計、かさ、長さなどはやっていないので、そこはZ会の通信教育で補修しています。Z会だけでは理解できなかった時計とかさについては公文の市販ドリルで徹底的に取り組みました。

現在は算数E130くらいを取り組んでいます。

行きつ戻りつ進んでいますし、そんなに高進度でもないので、学校でその単元を取り組むときに忘れてしまって・・・なんてこともなく、ちょうど良い先取りになっているのかなと思います。このペースでのんびり確実に進んでいこうと思います。

公文歴4年、小3長女の進度(国語)

f:id:oHanamaru:20201113121400j:plain

こんにちは。

我が家の長女が公文を始めたのは、年中の秋です。

いつも秋が過ぎると、また1年継続できたなとしみじみ思うのです。

公文を始めたきっかけから現在に至るまでを久しぶりに振り返ってみたいと思います。

きっかけは、まったく家庭学習などをしていない状態で、ひらがな読めない、書けない、数字かろうじて10まで読める程度だったので、小学校への入学に向けて準備をしたいと思ったからです。

教室は特に調べずに家の近くで通いやすいところへ体験に行き、先生も優しそうだったのでそのまま入会しました。まずは国語だけを受講しました。

スタート(年中11月)       6A

年長11月         AⅠ

小1 11月       BⅠ

小2  4月           CⅠ(4か月間)

小2  7月末          CⅡ(3か月間)

小2  10月始め       DⅠ(3か月間)

小2 1月初め                  DⅡ(3か月間)

小2   3月末       EⅠ(4か月半)

小3 7月半ば     EⅡ(3か月半)

小3    11月初め     FⅠ 現在取り組み中

という感じで進んでいます。スタートから小2の4月までは過去記事にもありますが、ほとんど学習進度に関与していなかったので、ざっくりとした記録になっています。

この頃、進度一覧基準認定証を頂くようになって、世間には物凄い進度の人がいるのだなぁと驚き、色々知らべているうちに、きちんと親が介入して、宿題レベルの適切さや枚数、進度などに目を配っている方が高進度なのだと気づきました。

全国上位を狙うなどの意図はありませんが、我が子の性格は先生より親である私の方が詳しいですし、家で宿題に苦戦しているのか、余裕なのか、時間や正答率だけでは計れないものも含めて総合的に我が子判断して、適切に学習を進めていきたいと思い、ちょうどコロナの始まりの時期でもありましたので、家庭学習を選択し、解答をもらって子供の様子を見ていきました。

また、同時に1週間に1度必ず、先生へ進度と取り組みの様子をメールし、励ましやアドバイスをもらったりもしました。

そのあと一旦教室学習に戻りましたが、家庭学習が身に付き、家庭で進める方が子供たちにも合っているということになり、基本は家庭学習になっています。

おかげで、ほかの習い事を公文の教室だった日に入れることが出来、時間的にも有効に使えていて、助かっています。

3人きょうだいなので、末っ子だけはまだ教室へ通っているので、その時に宿題交換しています。また、メールも週2回学習状況の報告を続けています。

月謝払ってるのに、教室へ行かず親が採点までしているとなるとなんのための習い事?!という意見もあるかと思いますが、これだけのちょうど良い問題をもらい放題で、メールで常に学習相談が出来て、たまにテストだけ受けに行くと凄く褒めてもらえて、高進度になるとオブジェがもらえたり、G教材に入るとキーホルダーがもらえたり、全国のつわものの順位に刺激を受けたりできて、親としても提出すべきものなので必ずさせようと促す気力が続くという点で、とても満足しています。

そして、今まで通い続けていたことで毎日の宿題が当たりまえになっていることが一番うれしい収穫です。

 

何度もスランプもありました。D教材の時には辞めようかと思いましたが、スランプは必ず乗り越えられるし、乗り越えてこその世界があるとわかって、今ではなかなか進まない教材があっても焦らず、1日1枚でも、わからなければ親と一緒に考えたり、お話の内容を絵で表したりすることも効果的と聞いて、取り組んでいます。さらに、国語は題材によって得手不得手があるので、スランプかと思ったら、次の題材はすんなり1回でということも多々あります。題材の本は必ず図書館で借りてきて読み聞かせをしたり、気が向いたときに読めるようにするため、古本屋で買って本棚に置いておいたりしています。

娘はもう3年生ですが、わからないところは一緒に調べたり、考えたりしています。

そして親である私はわざとわからないフリをしたりもします。

親子だとどうしても喧嘩になってしまうので、学習のことを聞かれたときは心をアルバイトの家庭教師に切り替えて(笑)接するようにしています。

公文では常に難しいことに立ち向かっているため、学校のテストやZ会の問題は楽~と言っています。また、作文を書くの面倒~出来ないと言いながら、学校ではスラスラと書き上げて1番に合格をもらって提出しているようです。

模試で高得点を獲るのには、テクニックが必要です。

でも今は、のちに身に付けるであろうテクニックを活かせる土台づくりに時間をかけていこうと思います。テクニックは大学受験の時までに習得出来たらいいかなと思います。何事も基礎が一番、基礎を固めつつ、多方面への興味を広げ、好きなことを見つけ、最後にテクニックを身に付けて、行きたい道へ進んでくれたらいいなと思っています。

公文を進める、続けるためのコツは一番は親が諦めないことかなと今までの経験から感じています。

 

小3長女の中学受験に向けての考え方。

我が家は中学受験を考えています。いつから意識していたかと言うと、長女(現小3)が3才ごろの幼稚園入園前あたりです。

中学受験と言っても、超難関校に合格させたいなどの意向はなく、多感な思春期になるべく穏やかで、好きなことを見つけられ、高め合える仲間を見つけられ、色んな事に挑戦して成功や失敗を繰り返し、有意義な時間を過ごしてほしいという思いからです。

親である私の中学時代は地元の公立中学で荒れていましたが、特に流されることもなくそれなりに過ごしました。それなりに友達も出来、まずまず勉強もし、とにかくそれなりに過ぎて行ったのです。

でも時代は大きく変わりました。

子供達には、出来る限り安心して、何でも挑戦出来る心と広い視野を持って、これからの社会の中で人の役に立つ人間に育ってほしいと思っています。

中学受験に関しては本人のやる気が一番大切だと思います。

ある程度は親の誘導が...という意見もありますが、それはこちらはさりげなく誘導し、本人に誘導されたと気づかれないくらいがちょうど良いのではないかと考えています。

本人が親に誘導されて決めたと思うのか、自分で選んで決めたと思うかでその後の長い人生においての大事な時期に、自分の意志に責任を持って選択できるかがかかってくるのかなと思っています。

さりげなく実践してきたことは、公文やZ会などの教材で基礎学力をつけることや習字や音楽、スポーツなどの文化教養運動などの推薦に活かせそうな習い事を楽しみながら続ける努力をしたこと、DWEで細く長く英語に親しんできたり、通えそうな学校の文化祭や学校見学、演奏会などに’お母さんが見たいものあって行くんだけど行く?’と誘ってみたり、家の本棚やテーブルに学校案内を置いておいたりなど...子供たちは自然にその学校の雰囲気や部活、修学旅行、海外研修などどんなことが出来るかを知ることになりました。(小1の長男もすでに受験を決意しています)

ついに先日長女から「○○校行きたいから努力してるんだ~」という言葉が聞けました!長女は一番目の子であるため、どうしても親として心配なことが多く、学習もこれで大丈夫なのかなと思うことも多々あるのですが、こちらから何も言わずともZ会や公文を通して学習したことを記録する各教科ノートを自作していました。

自分が3年生の時には、こんなことしていなかったなぁと感心。

子供は親が思っている以上に日々成長しているのですね。

あまり小言を言わずに見守っていて良かった~と思いましたし、心の中に小言が溜まっていたことが申し訳なかったと反省しました。

受験については、あえてその1校の推薦に絞り、学校の通知表や文化教養スポーツでの表彰を高めていこうと考えています。

また、公文については中学受験のためではなく、大学受験のために最終教材を目指してのんびりと進めていきます。知り合いに中学受験や高校受験などで何度か休会しながらも公文の最終教材まで3教科進めて、センターでその3教科95点以上をとった方がいました。低学年の学習と考えると高額な公文ですが、センター3教科対策と考えると決して高額ではないような気がします。すべては基礎固めなので、基礎を固めるのに時間がかかりますが、基礎を固めずして応用はできません。中学生以上になると勉強も部活も忙しくなりますので、ゆっくり前に戻って基礎学習をしたり、基礎が出来ていないがために応用演習に時間がかかってしまってなかなか進まないという事態になりかねません。

また、我が家では小学生~大学生に至るまでも一貫して勉学のみではなく、趣味を持って、その趣味も高めていってほしいと考えています。

目先の偏差値に踊らされず、我が子の希望校に合格できるための対策を考え、さらに受験期も人生の通過点として楽しんで通れることを目指していきたいと思います。

 

小3EⅡ合格、小1算数C合格、学習の進め方やお勧めの息抜き。

f:id:oHanamaru:20210109180925j:plain

先日小3長女が公文国語EⅡの修了テストに合格し、現在FⅡ20辺りを学習しています。難しくなってきましたし、かなり字も枠も小さくなっていて、そこが手ごわいようです。しかし、ここまでくると、公文の問題に対する答え方なども良くわかっており、そこまで苦戦することなく、ほとんど自分の力で進めてられています。漢字や熟語も意味が解らないことも多々あるのですが、文の前後の意味と合うように埋めたりと工夫しています。

ちなみに長女は算数は亀の歩みで只今E61当たりをやっています。のんびり何度も戻りながら、1枚1枚を完璧に完成させて余裕で進めるようにしています。

Z会の学習については無理なく学習計画を立てることで1月以内にやり終えることが出来ています。平日は1日1単元×週3回、休日は1日2単元×週2回でそれ以外の日は、習い事や学校が終わるのが遅かったりするので、取り組んでいません。

さらに、眠さやだるさで取り組まないことも本人に選択させ、出来なかったことは週末の計画に追加して週ごとに課題をクリアできるようにしています。

成長期ですし、きちんと休むことも大切です。また、だるさには体の疲れ以外にも精神的に疲れたなって日があるのも当然です。そういった疲れを溜めないように、健全に学習を進めていくことを目標としています。

 

小1長男は公文算数Cの修了テストに合格し、現在D13辺りを取り組んでいます。

これもまた枠が小さい、書くスペースが狭いのです。(1年生には)

ですので、こういうときのために購入したコピー機でA4サイズに両面コピーし、余裕のあるスペースで計算を進めています。余裕のあるというか、これでギリギリのサイズというくらい息子は字が大きいです。

小1には掛け算の後の足し算という手順が混乱して、ミスを連発しています。直しは1度で済むのですが、毎回6問くらい間違っているので、直しをする前のテンションは最悪です。やる気をなくしてはいけないので、慣れるまでは1~2枚で進めています。

やり方さえ解ればスムーズに進められるはずです。まずは慣れですね!!

3月末までに終わればオブジェが待っていますが…ちょっと厳しいかなと思っています。

オブジェは頂けなくとも、かならず本人の力になっていると思いますし、応援していこうと思います。

 

いまだに我が家ではゲームなし、テレビ一日30分未満の生活が無理なく維持出来ています。その代わりに常に新しい工作や、実験、ボードゲームや児童書は買っています。

最近購入して良かったものはこちら。

小3長女の読書に。

[http://:title]

こちら読みやすく、40巻以上に渡って色んな妖精のお話があります。

さらに、英語版や英語学習用のCDなんかもあって、話を理解してから英語版にも挑戦してみたいなと思っています。

 

こちらは有名どころですが…

[http://:title]

さらに娘はこちらの方が面白いようです。

[http://:title]

 

休日の夜は実験タイムになることが多いです。

本日やったのはこちら。

[http://:title]

結構簡単で、それなのに面白く、小1長男とともにはまって、どんなものが電気を通すのか調べでいました。

学校などで学習に使う教材だと思うのですが、こうして予習しておくと、余裕を持って学習に臨めますし、一歩進んだアイデアや発見がありそうですよね!

 

さらに休日の朝は好きなように朝ごはんを作るという取り組みもしていて、失敗してしょっぱい目玉焼きを食べたり、オムレツに焼き鳥のたれを合わせたり、卵焼きにジャムを混ぜたりと不思議なものを作っています。新しい発想も生まれるし、最後は責任もって食べれるものに挑戦しています。卵を割るのもうまくなってきましたし、食パンは2斤を切らずに買ってきて、好きな厚さに切ったりもしています。

そこまで子供たちに自由にお料理させるようになったきっかけの本はこちらです。

[http://:title]

このままのレシピでは作ってないのですが、子供たちの作りたい気持ちを尊重できるようになりましたし、子供もこんなの作りたいと憧れを持つようになりました。

お母さんと一緒におやつ作りというよりも気軽に挑戦できますし、こういった時間も学習以上のものが得られます。中学の家庭科で力を発揮してねと心の中で思いながら、自由にさせています。

こちらも読みました。

[http://:title]

かなり古い本ですが、読みやすく、子供を台所へいれることの大切さを感じました。

最近の学習スタイル~公文在宅学習~

f:id:oHanamaru:20201127095902j:plain

こんにちは。コロナ禍での2学期スタートしましたね。

公文も9月からは在宅学習を選択しています。

長女(小3)は公文歴4年になります。公文の宿題をすることはもう習慣化していますので、在宅学習でも変わりなく進めています。本音では教室が好きで、先生が好きなので行きたいそうですが、少しでも感染のリスクを避けるために自宅でしてもらっています。

毎日、算数E5枚と国語EⅡ3~5枚をしています。英語は8月末で一旦休会しています。

国語と算数をもう少し進めてから、国語と英語は交代で受講していこうと思います。なかなか3教科を仕上げてさらにZ会も学校の宿題もとなるとどれかがいい加減になってしまうので、少しやることを絞りました。

長女は興味のあることが多く、スポーツ3種類+α、教養1種類、学習の習い事があります。さらに家では読書、小動物の世話、つみき美しい形を作ったりして遊ぶ時間も必要なようです。積み木で遊んでいて学習が終わらないことも多々あるのですが、年々遊ぶ時間は減っていってしまうと思うので、今しかないのかなと思って止めないようにしています。好きなことに向き合う時間が、将来の夢や希望につながると思いますし、自分は何が好きで何が得意かを知らないと学校や職業選びの目安がありませんし、何のための学習かわかりません。好きなこと、楽しいことを自分でみつけてこれる人に育ってほしいと願って、小言は控えるようにしています。

 

長男(小1)は公文歴2年です。長男もまた、宿題は習慣化しているので在宅学習で順調に進めています。長男は教室より、家の方が好きな時間に取り組めたり、音楽を聴きながら学習できたり、気が散ることもないようで気に入っていますし、これからもずっと修了テスト以外は自宅で学習するそうです。毎日算数C3枚、国語BⅠ3枚をしています。

長男はまだ、Z会はやっていないので、公文に全集中している毎日です。短時間ですさまじい集中力を発揮するタイプなので、今のところ公文だけにしています。算数はもうすぐCが終わるとこで、すべてのページで全問正解、さらに標準完成時間を1分以上上回る速さで出来ないと次にいかないという本人のこだわりです。ですので、1枚ずつ時間を計って、何問ミスしたのかを書いてあります。ここまで、完璧に仕上げるのは時間もかかるのですが、Aの頃からこのように進めているので、計算過程がややこしくなったり、数が大きくなっても、数字の規則的なものを身に付けているので、考えずとも勝手に手が動いたり、ひらめいたりするようです。

もちろん最初から標準完成時間をクリアしている訳ではありません。最初は1枚8分かかるものもあります。でも、それは悔しくて怒って発狂して、泣いてまったく同じ問題をその日のうちにもう一度やって、8分を半分の4分して納得してその日の宿題を終えたりします。そして、そのように悔しさと集中で得た力は、次の日全く同じ問題で1枚2分台で終らせて、さらに次の日には2分前半で全問正解にして、やっと次に進みます。

公文はこうしてオーダーメイドで学習を進めていけるのがとても気持ちがいいですよね!

次男は公文で国語を学習中ですが、まだ学習が習慣化するところまではいっていません。手を変え品を変え、なんとか機嫌をとったり、親が一緒に隣で同じ教材をやってやる気を出させたりしています。なので、教室へは1番に行き、先生とゆっくりマンツーマンで出来るようにしています。宿題も出来たりできなかったりですが、ズンズン10枚と読みの宿題をすべて終えた時には、ご褒美のお菓子があります。それが楽しみで頑張れる日もあり、それでも出来ない日もあります。特に読むだけの教材は単調なので、飽きやすく、色んなスタンプを買ってきて一つ読む度に押したりして楽しんでいます。

 

これの効果は絶大です。4~9才の3人、車の中で聞いてるだけで完璧になりました。

[http://:title]

こちらもまた、ノリも良く、×11~19まで網羅できています。

[http://:title]

小3長女公文国語EⅠ合格&小1長男公文国語AⅡ合格、お勧めの児童書。

f:id:oHanamaru:20201113121129j:plain

ご無沙汰しております。

先日、小3長女が公文国語EⅠのテストに合格し、EⅡに入っています。

E1は特に苦労した記憶はないのですが、漢字の先取りをしていないため、最後の漢字の部分に約1か月もかかってしまいました。合計約3か月での合格となりました。

先生は、漢字は学校でも習うので、あまり重要視はしていませんと言ってくれていて、半分くらい読み書きが出来ていればOKとのお考えなのですが、長女はテストは満点でなければ許せないという性格なので、自分が完璧にできたと思うまで漢字をやり続けました。

EⅡに入って物語文が始まりました。E1の頃に教材を見せてもらうと凄く難しそうで、”こんなの解けるの??”と思っていた母ですが、公文の教材は徐々にレベルアップしていくものなので、ちゃんとEⅡに入ると、解けるレベルに達していて、スラスラと進んでいます。

本人の読書熱もどんどん上がって行き、嬉しくなって私もどんどんネットで児童書を買って本棚に並べています。

今読んでいるのがこちら。

[http://:title]

とにかく面白いと朝起きたら読んで、寝る前読んで、止まらないそうです!!

ゲームがない分、どんどん新しい興味を広げたり、楽しいことやもっとしたいっていう気持ちを日々味わえるようにこうして本やボードゲーム、実験キットなどにお金をかけています。

勉強終わったらゲームしていいよってではなく、勉強終わったら本でも実験でもボードゲームでも、絵具や粘土、工作グッズなどたくさんのやりたいことから選んで、手と頭を動かして遊んでいいよってことになっています。

 

次に小1長男は公文国語AⅡのテストに合格し、BⅠに入りました。

長男は国語は苦手で、算数が得意なので、国語は嫌いにならない程度に無理せず進めるスタイルです。ちなみに算数はC100辺りです。

長男は読書好きというところまでは来ていませんが、最近気に入った本はこちら。

[http://:title]

短編集ですし、字も大きくい1年生に読みやすいものですし、笑えるところがさらに後味良い作品です。そして、短編なので覚えていて、次の日に友達に話したりもしているようです。

ここから長男もだんだん読書好きになってくれるよう日々興味を広げられる本を検索しています。

常に子供の興味の先を行くようにしていて、ほしいなと言われる前に新しい感覚のものを導入し、”何これー?!”と思って手にとってくれるようにと考えています。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村