gtag('config', 'G-86WB0XB8Y6');

公文とZ会と読書とスポーツで受験を制す。

公文とZ会で学習を、スポーツと読書習慣で健全な生活を、さらに五感を使った遊びをご褒美にしながら共働きで3人の子を育てています。

算数の苦手意識とは。子供たちの学習経歴。

にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村

親である私は理系の仕事をしていながら算数が大の苦手です。(苦手意識かも)

小学生の時には20点とか取っていましたが、気にもしていませんでした。そのまま中学に入ると、Xやyなんてちんぷんかんぷんで苦手意識が倍増し、ほかの教科で算数をカバーする日々でした。高校に入っても、相変わらず算数は諦めて他でカバーするという方法で過ごしていました。(親はお金は出してくれるけど、勉強を見てくれたり、学習管理なるものはありませんでした)高3の時に理系に進みたいと思い、なぜ算数が苦手なのかを掘り下げていきました。そうすると結局は小2くらいの引き算のひっ算辺りからつまづいている(計算が遅い、正確でないなど)に気づきましたが、時すでに遅しでしたので、必死で算数は過去問ととりあえず中学算数からの復習(上辺だけさらう感じ)そして算数があまり難しくなく、国語や英語、社会などの得意分野を活かせる学校を選んで、推薦で合格しました。

その時気づいたのが、”算数(数学)ってもしかして面白いかも?!”ということです。出来ないから苦手→嫌いになっていましたが、なんだかもっと時間があったらやりたい教科だと思いました。しかし、そこからは覚えることが多い専門職の分野に入ってしまったので、算数の学びなおしは結局できていません。

長くなりましたが、こんな経緯があり、子供には同じ経験はさせたくないなと思って、公文をはじめ、知育玩具などあらゆる方法で時間と手間をかけ、模索して今に至ります。子供たちにわかりやすく解説するためには、私自身がわかっていないといけないので、新しい単元に入るときには、わかりやすい動画などで解説を見て、学んでいます。

子供たちの算数の丸付けや効率の良い計算など一緒に考えているうちに、こちらも計算が早く正確になってきました!

3人の子供達には同じように時間もお金もかけてあげたいと思いつつも、なかなか同じようにはいきませんね。そして効果もまた違います。

久しぶりにそれぞれの学習歴を記しておきます。

長女:小4 0才~DWE

       1才~4才すこやか教室(幼児教室)

       5才~現在公文(算数・国語)

       7才(小1の終わりの春休み)~現在Z会ハイレベルコース受講  

       9才~現在スタサプ、教科書ぴったりトレーニング(市販)

        

長男:小2 0才~DWE

       5才~現在公文(算数・国語)

       7才~現在スタサプ、教科書ぴったりトレーニング(市販)

次男:年長  0才~DWE(ほとんど出来ていない)

       5才~現在公文(国語)

長女はたくさんありすぎて、こなせているかこなせていないかの瀬戸際です。

というのも、全然出来ていないわ~もう無理かなと私が思うくらいの頻度で急にやる気出してすべてを片づけてしまうのです。Z会は1か月の提出期限を1週間オーバーしちゃったかなくらいで提出できていますし、公文はやっていないと思ったらまとめてやっていたり色々です。そして、同じことをやると飽きるらしいので、色んな勉強法が混じっているのが合うようです。

長男は、色んなことに手を出すのは苦手なので、公文以外は遊びの域です。

公文は調子良いのですが、学校の勉強はそれだけではないし、何か学校の勉強をサポートするものがほしいなと模索しています。ただ、小2で公文算数E50くらいをさらさらとやりこなす力があると、市販の教科書ぴったりトレーニングの算数のレベルだと、説明を見たら長さの単位やその足し算、引き算、時計の時間計算などは導入だけ教えたらさらっとできてしまいました。公文は計算だけなのですが、計算しながら数の仕組みを理解しているんでしょう。

次男はこれからですね。長男の年齢くらいの頃には、長女も長男も足し算やってたり、漢字を書いていたのですが、次男はまだ数字も読めるやつあるよ~くらいです。

やはり、かけた時間は効果に比例しているのでしょうか…。

これからもあまり時間はないのですが、次男にかける時間を最優先に、私自身の時間管理を見直して、取り組んでいこうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村